コバテル株式会社 会社情報 お問合せ 通販部
  HOME
  商品情報
   光マイクロホン
   光マイク応用開発
   MRI関連装置
   DC−BUS
   オーディオ関連
  技術情報
  IR情報
  コンサルティング
  DVR情報

中小企業創造法認定企業
2年連続 CETEC出展
先端技術研究開発助成認定
情報通信機構研究開発助成
日本音響学会 正会員
   
MRI 光マイクロホン Opto ACTIVE Main PC ANC Headphone


                                                MRI関連装置

                                     ■ MRIスマートIMROC
                                     (Interventional MR Optical Communication Syrtem)
                                     
MRI手術室で複数の医師・双方向音声通話装置
                          (Optoacoustics. Israel) 
                     既に欧米では導入・先端医療に貢献

    近年、MRIの診断技術は著しく進歩し診断と手術を同時に進められるスマート治療室の実用化が、ニュースとなって注目
  されています。
 
  IMROCとは最先端医療分野で行われるMRIを中心に手術台、顕微鏡、高度診断機器、治療機器、高解像度ディスプレー
    等、を統合し診断・手術を支援するスマート治療室において複数の医師及び治療チームが、双方に通話を行ないながら
  手術等を 進める事が出来る同時双方向通話装置です。

  
MRI室は高磁気により一般通常の通信機器の持込みは危険で本システムはMRIで実績のある非磁性光マイクロホンで
  
構成され更に MRIの騒音をキャンセルする事が、できる世界初のANC技術による薄型ヘッドホンとデュアル光マイクロホン
  を使い伝送は光ファイバーによりMRI室環境において良好な通話を行う事が出来る装置です。

  複数の医師及び治療チームの通話は全てワイヤレス光通信方式で行われます。
   既に欧米の医療機関では数年前から導入がはじまっています。
   
 
                MRI室(ワイヤレスヘッドホン・マイク)                                            操作室        

       
     IMROCシステム構成             EOU装置                      光マイク/ANCヘッドホン          TX/RX

 :操作は全てハンズフリー同時双方向通話方式で行う事が出来ます。
 :MRIへの画像影響は有りません。
 :音声は高音質で行われます。

   詳細は下記へご連絡下さい (資料等をお送り致します)
  コバテル株式会社
   電話045-577-5067 FAX 045-577-5059

   mail kobatel@oregano.ocn.ne.jp


                                   
                                            MRI・音声聴覚刺激呈示装置     
                                                         OptoACTIVE

                                                                        (Optoacoustics)
                                                                    (脳神経研究分野)       
                                  世界初・ANC騒音キャンセル・ヘッドホンで高音質聴覚刺激を提供
 

 : 新技術により開発された世界初 ANC(Active Noise Control)方式薄型ヘッドホン採用
  MRI・音声聴覚刺激呈示OptoACTIVE装置
 :本装置はMRI脳研究装置として国内外で高い評価を得ています

 : FOMR1-靴MRI側に使用して高品質な音声を同時双方向通話で実現(MRI ノイズキャンセル方式)
 
■操作コントロールBOX・・・・・・全ての動作がLCDに表示、各種調整ツマミ、音声用スピーカー、音声送信PTT、入力端子、
                    出力端子等を備えています。

■被験者用ヘッドホン・・・・・・・・ANCでMRI騒音はキャンセルされ良好な聴覚刺激信号・音声・音楽を高音質ヘッドホンで
                    受信する事が、出来ます。 

■操作室のスピーカー・・・・・・・操作室設置にされる操作コントロールBOXにはFOMRI-(Dual Channel光マイクロホン)に
                    より
MRIの騒音をANC技術により キャンセルし被験者の良好な音声を出力致します。          
■音声信号はTTLで管理・・・・・出力音声信号はTTLで管理されていますのでfMRI画像と同期をとる事が出来ます。


 
 ANC Active Noise Headpone    LCD touch        Operation desk     FOMRI-掘Microphone     Main PC

 :ッドフォン内部の騒音キャンセル状態は操作室設置のコントロールBOX(液晶タッチパネル画面)で監視出来ます。
 :通信制御はすべてEOUで行ます。
 :操作者の音声はコントルール内のマイクロホンで行う事が出来ます。
  :対応MRI・・・GE、シーメンス、フリップス、東芝、日立、その他、  
                                         
                     LCD touch  Control         Head coil              ANC Noise Headpone     MRI Installation        TTL Check
 
LCD touch-control displays   

   
                ANC動作状態表示                    ANCキャリブレーション表示                           MRI操作室    
 
   
   :ANC動作を下記Youtubeでご覧下さい。
  :ANC Active Noise cancellaton Headponeの動作をLCDディスプレーで見る事が出来ます。

   https://www.youtube.com/watch?v=Mw8k7v58_RM                  

ANC周波数特性・・・・・ヘッドホン内部の騒音は20〜30dB低減され聴覚呈示信号、音声、音楽、を提供致します。
 Frequency domein graph showing full 60dB attenution (95%) of the main EPI resonance resulting        
  from combined passive and active noise cancellation.                    
                               
  


Main OptoACTIVE System Specifications
 OptoACTIVE ANC Headphoes
 ・Frequency Response                       50-15,000Hz
  ・Maximum Sound Pressure Level       104dB SPL
 ・Passive Noise Attenuation              25dB
  ・EPI Main Resonance Attenuation      >50dB (>99%)

 :OptoACTIVE Control Console
  )PTT Speak to Patient (Using Built-in Microphoe)
 
)Self-Hearing Volume Control
 
3)External Audio Volume Control
  ・Noise Reduction (for Built -in Mic)
  ・LoudSeaker(Built-in)
  ・Frequency Response                    100-10,000Hz
  ・Gain Knob Range                         Up to +45dB


 :FOMRI- Optical Microphone
  ・Configuration Type                      Dual Channel, perpendicular
  ・Frequency Response                    50-20,000Hz

  ・Max.Sound Pressure Level(SPL)     130dB SPL
  ・Total Sound Distotion                  >1% at 94dB SPL
  ・Operating teature                        0 to +60℃ 


                 
                    ■
MRI FOMRI-Optical Microhone
                               
脳神経研究分野)
                                                 fMRIにおいて音声のTTL管理
           操作室のモニタースピーカーからはMRI 騒音がキャンセルされ良好な音声が出力されます
          
             同時にTTLで管理された音声がLineが出力されます。 

  Clear Speech ,TTL Synchronized,Advanced DSP Noise Reduction Systems.
   FOMRI-靴fMRにおいて簡単なインストレーションとオペレーションにより高品質の音声をリアルタイムに
  処理しコントロール・コンソールのスピーカーから出力する事ができます。

 :主な特徴  
 
 
・連続的に高音質の音声を出力します。
 ・コンソールに音声出力スピーカーが内蔵されています。
 ・MRIの状態により騒音Reductionを切替え自動的に良好な音声処理を行います。
 ・
TTL信号を音声と同期致し画像と音声の同期をとる事が出来ます。
 
・MRIのRF CoilフレームにOptical Micを簡単にマウントする事が出来ます。
 ・安全にEMI/RFIを保護します。


   
   DSP Noise Reduction Control Console  & Opto Mic     Opto Mic Set              MRI Optical Microphone

 MRIの騒音に対応したAdvanced DSP Noise Reduction         光ファイバー
   
 
                   Control Console 背面入出力端子
 
 :Input Connectors 
 ・Optical                                 4×ST(Main,Reference)
 ・Power                                  3.5mm
 ・TTL                                     3×BNC
 ・DSP(for algorithm updates)        1×USB


 :Out Connectors
 ・Analog(Main,Ref,DSP)               3×RCA(100mV/Pa)
 ・Digital(Main/Ref,DSP/TTL)        2×USB
 
:Loudspeaker(Internal)
・frequency Response                100-1,000Hz
 ・Gain Knob Range                    Up to +45dB
 ・Noise Reduction                     Off/low/Med/High(15-40dB)

 

 ・Dimensions                             105/165/220mm(H/D/W)
  ・Weight                                  1.2Kg
  ・Power                                   12-15V DC

 :Technical Specifications
 :Optical Microphone
 
・Configuration type                   Dual channel perpendicular
 ・Frequency Response                50-20,000 Hz
 ・Max Sound Pressure Level        130dB SPL
 ・Total Harmonic Distortion         >1% at 94 dB SPL


 :Microphone Subcomponents
 ・Microphone Housing                 Polycarbonate
 ・Hea Dimensions                      60/20/25mm
 ・Head Weight                           160g
 ・Optical Fiber Cable(Mil STD) 15m(L) 5mm(D)

 :Software/DSP
 ・OptiMRI 3.1 and DSP               8,000/16,000Hz 16Bit
 ・OptiMRI 2.4                          8000Hz 16Bit


                 
                 ■
MRI音声・聴覚刺激呈示装置(双方向同時通信方式)
                                                                
   脳神経研究分野)
                   
非磁性体発音素子方式ヘッドホン、インナーイヤチップホン・騒音リダクション        
                                   型番 KM−201D (高音質ヘッドホン+インナーイヤチップホン仕様) 
  
概 要 
  :高音質双方向同時 通信方式
 :非磁性体発音素子デバイス開発
 :
高音質音声ドライバーアンプ開発・・・・・・・・・・・周波数帯域10Hz−100KHz
   :聴覚刺激提示ドライバーアンプ・・・・・・・・・・・・・
LR完全分離・2ドライバー方式を採用、クロストーク特性90dB以上、   
   :非磁性体発音素子方式ヘッドホンを開発・・・・・・・・・・・・・・・耳栓併用で20bB以上MRI騒音を低減されます。                      
   :非磁性体発音素子方式インナーイヤチップホンを開発・・・・
32Ch・64Chの狭幅ヘッドコイルに最適、(特許出願)
  ・インアーイヤチップホンはMRI騒音をリダクション・・・・・・・・・高音質音声・音楽刺激信号を出力
   MRIの騒音100dB時インナーイヤチップホン内部は75dBにリダクション・・・・・・・・MRI騒音は低減されます。
    
   

  :
MRI側のヘッドホンマイクは特許頸椎骨伝導光マイクロホンを採用し被験者の音声はMRI騒音を低減し操作室モニター
  スピーカーに被験者の音声を出力致します。 
  :同様にインナーイヤチップホンを使用した場合のマイクは頸椎骨伝導光マイクを使用しMRI騒音を低減し操作室の
  スピーカーに被験者の音声を出力致します。 
   ・ヘッドホンは発音体素子方式とインナーイヤチッのプホンの
2方式を選択出来ます。(型番参照)
   :入力はCD、AUX1、AUX2、端子を設けCD、PC等、任意の信号選択が出来ます。
  AUX1は全面パネルに設けられていますので携帯音楽プレヤーiPhone等の接続は簡単に出来ます。
   :固定マイクロホンにはケーブル方式でPTTスイッチが接続され自動的に音声と聴覚信号を切替える事が、出来ます。
  
  :操作室のモニタースピーカーはMRI騒音を低減された被験者の音声を 聞くことが出来ます。 
   :発音体素子ヘッドホン+インナーチップホンの組み合わせも可能で簡単に切替器を行う事が出来ます。
   :本機はMRIの画像へのノイズ影響は有りません。

   :オプション提供・・・・1.発音体素子ヘッドホン 2.インナーチップホン 
 
 
 
                                                        双方向構成           新開発高性能アンプ       頸椎骨伝導光マイク      
   
          固定マイク            マイクロホン PTT      双方向ヘッドホン/光マイク   


                 ■MRI音声・聴覚刺激呈示装置(片通信方式)
                                                    脳神経研究分野)
             非磁性体発音素子ヘッドホン、インナーイヤチプホン開発・騒音リダクション   
          型番 KM−202S (ヘッドホン仕様) / 型番KM−202E(インナーイヤチップホン仕様)      
    概 要
  高音質片方向通信方式
   :非磁性体高音質発音素子デバイス開発
   :
高音質音声ドライバーアンプ開発・・・・・・・・・・・周波数帯域10Hz−100KHz
    :聴覚刺激提示ドライバーアンプ・・・・・・・・・・・・・
LR完全分離・2ドライバー方式を採用、クロストーク特性90dB以上、   
    :非磁性体発音素子方式ヘッドホンを開発・・・・・・・・・・・・・・・耳栓併用で20bB以上MRI騒音を低減されます。                      
    :非磁性体発音素子方式インナーイヤチップホンを開発・・・・
32Ch・64Chの狭幅ヘッドコイルに最適、(特許出願)
   ・インアーイヤチップホンはMRI騒音をリダクション・・・・・・・・・高音質音声・音楽刺激信号を出力
   MRIの騒音100dB時インナーイヤチップホン内部は75dBにリダクション・・・・・・・・MRI騒音は低減されます。


     

  :ヘッドホンは発音体素子方式とインナーイヤチッのプホンの2方式を選択出来ます。(型番参照)
   :入力はCD、AUX1、AUX2、端子を設けCD、PC等、任意の信号選択が出来ます。
  AUX1は全面パネルに設けられていますので携帯音楽プレヤーiPhone等の接続は簡単に出来ます。
   :固定マイクロホンにはケーブル方式でPTTスイッチが接続され自動的に音声と聴覚信号を切替える事が、出来ます。
  
   :発音体素子ヘッドホン+インナーチップホンの組み合わせも可能で簡単に切替器を行う事が出来ます。
   :本機はMRIの画像へのノイズ影響は有りません。

   :オプション提供・・・・1.発音体素子ヘッドホン 2.インナーチップホン 

 
                           片通話構成                     新開発高性能アンプ
 
     スタンド・マイク         マイク・PTT            固体発音体ヘッドホン             

                                                ■MRI音声通話装置
                                                        (双方向同時通話方式・操作室〜被験者)        
            
             (病院向け音声通話装置)安全医療に貢献
                                    非磁性固体発音素子ヘッドホン、インナーイヤチプホン開発・騒音リダクション              
                型番 KM−301D (ヘッドホン仕様) / 型番KM−301E(インナーイヤチップホン仕様)
   
 概 要 
    高音質双方向同時通話方式
   :非磁性体発音素子デバイス開発
   :
高音質音声ドライバーアンプ開発・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・周波数帯域10Hz−100KHz
   
:非磁性体発音素子方式ヘッドホンを開発・・・・・・・・・・・・・・・耳栓併用で20bB以上MRI騒音を低減されます。                      
    :非磁性体発音素子方式インナーイヤチップホンを開発・・・・
32Ch・64Chの狭幅ヘッドコイルに最適、(特許出願)
   ・インアーイヤチップホンはMRI騒音をリダクション・・・・・・・・・高音質音声・音楽信号を出力
   MRIの騒音100dB時インナーイヤチップホン内部は75dBにリダクション・・・・・・・・MRI騒音は低減されます。


   


   :MRI側のヘッドホンマイクは骨伝導方式光マイクロホンを採用し被験者の音声はMRI騒音を低減し操作室モニター
  スピーカーに被験者の音声を出力致します。 
  :同様にインナーイヤチップホンを使用した場合のマイクは頸椎骨伝導光マイクを使用しMRI騒音を低減し操作室の
  スピーカーに被験者の音声を出力致します。 
   ・ヘッドホンは発音体素子方式とインナーイヤチッのプホンの
2方式を選択出来ます。(型番参照)
   :入力はCD、AUX1、AUX2、端子を設けCD、PC等、任意の信号選択が出来ます。
  AUX1は全面パネルに設けられていますので携帯音楽プレヤーiPhone等の接続は簡単に出来ます。
   :固定マイクロホンにはケーブル方式でPTTスイッチが接続され自動的に音楽とマイク音声を切替える事が、出来ます。
  
   :操作室のモニタースピーカーはMRI騒音を低減された被験者の音声を 聞くことが出来ます。 
   :発音体素子ヘッドホン+インナーチップホンの組み合わせも可能で簡単に切替器を行う事が出来ます。
   :本機はMRIの画像へのノイズ影響は有りません。

   :オプション提供・・・・1.発音体素子ヘッドホン 2.インナーチップホン 

    
    
                                                      双方向通話 システム           新開発高性能アンプ       発音体素子ヘッドホン/光MIC
     
   スタンド・マイク            マイク・PTT                           頸椎骨伝導光マイク         イヤチップホン
                                       
                                           
MRI音声通話装置
                
               (片通話方式・操作室〜被験者)                                                                          
                                      (病院向け音声通話装置)安全医療に貢献                                                                           固体発音素子ヘッドホン、インナーイヤチプホン開発・騒音リダクション 
            
型番 KM−302S (ヘッドホン仕様) / 型番KM−302E(インナーイヤチップホン仕様
  
概 要 
   
:高音質片方向通話方式
 
 :非磁性体高音質発音素子デバイス開発
   
:高音質音声ドライバーアンプ開発・・・・・・・・・・・周波数帯域10Hz−100KHz
    :非磁性体発音素子方式ヘッドホンを開発・・・・・・・・・・・・・・・耳栓併用で20bB以上MRI騒音を低減されます。                      
 
  :非磁性体発音素子方式インナーイヤチップホンを開発・・・・32Ch・64Chの狭幅ヘッドコイルに最適、(特許出願)
   
・インアーイヤチップホンはMRI騒音をリダクション・・・・・・・・高音質音声
音楽信号を出力

   MRIの騒音100dB時インナーイヤチップホン内部は75dBにリダクション・・・・・・・・MRI騒音は低減されます。

   :インナーイヤチップホンはMRI騒音をリダクション・・・・・・・・・・・・・・・・高音質音声・音楽信号を出力
  ・MRIの騒音100dB時インナーイヤチップホン内部は75dBにリダクション・・・・・・・・MRI騒音は低減されます。

  
  
 

     
   
   ・ヘッドホンは発音体素子方式とインナーイヤチッのプホンの2方式を選択出来ます。(型番参照)
   
:入力はCD、AUX1、AUX2、端子を設けCD、PC等、任意の信号選択が出来ます。
  
AUX1は全面パネルに設けられていますので携帯音楽プレヤーiPhone等の接続は簡単に出来ます。
   
:固定マイクロホンにはケーブル方式でPTTスイッチが接続され自動的に音楽とマイク音声を切替える事が、
   出来ます。
  
 
 :発音体素子ヘッドホン+インナーチップホンの組み合わせも可能で簡単に切替器を行う事が出来ます。
   
本機はMRIの画像へのノイズ影響は有りません。

   :オプション提供・・・・1.発音体素子ヘッドホン 2.インナーチップホン 3.切替器 


        
                                              片方向システム構成            新開発高性能アンプ         固体発音素子ヘッドフォン        
 
  
 固定マイクロホン         マイクPTT                                                      イヤチップホン


                                        MRI聴覚刺激呈示システム・アンプ
                                                   
(聴覚刺激呈示アンプ

   システムコントロールアンプ 聴覚刺激提示を1dBステップでLRのレベルを可変
    主な特徴仕様
   ・新開発デジタル電子ボリュームを採用
   ・
出力・・・L/R 15W×15W
   
・LRの音圧レベルは1dBステップで制御(-80dB〜0dB)、特に聴覚試験には有効です。
   
入力はPC、CD、AUX、3系統の端子をもっています
   
PCからテストデーターを直接入力する事が、できます(トーン信号、試験音声、音楽、等が、可能です)
    ・MRI側とは音声通話用マイクロホンと光マイクロホンで双方向同時通話を行う事が、できる機能をもっています。

   
・光マイクロホン機能はオプション対応する事が、出来ます(仕様は打合せで決定出来ます)
   
・全てのMODEソースにアンプ側の音声通話用マイクロホンから音声をミキシングする事が、出来ます。
   
MRIで診断中の被験者へ常時マイクロホンで音声通話を行う事が、可能です
  

    
    左右独立電子ボリューム                         PC/CD/MIC/AUX入力   各種コントロール          背面パネル部 
        
      
  システムコントロールアンプ(特注品)
    主な特徴仕様
   入力はPC、CD、MIC、3系統の端子をもっています
   出力・・・L/R 15W×15W
   
PCからテストデーターを直接入力する事が、できます(トーン信号、試験音声、音楽、等が、可能です)
    ・MRI側とは音声通話用マイクロホンと光マイクロホンで双方向同時通話を行う事が、できる機能をもっています。

   
・光マイクロホン機能はオプション対応する事が、出来ます(仕様は打合せで決定出来ます)
   
・MRI側の被験者への試験信号・音楽再生中にマイクロホンから音声をミキシングする事が、出来ます。
   
・MRI側wの被験者とは常時、光マイクロホンで音声通話を行う事が、可能です

    
    シンプル機能パネル部     背面パネル部     MRI側光マイクロホン制御


   新音声ドライバー開発(特許出願)
   この装置はコントロールアンプから電気信号を被験者に伝える伝声管音声変換装置です。
   MRI側は全て非磁性で構成されています。
   主な特徴仕様
    ・高音質設計(周波数50Hz〜10KHz
   
・LR完全独立設計
    ・筐体は新方式振動低減方式を採用


    


  
  New電子ボリューム新開発 聴覚刺激激提示を1dBステップでLRのレベルを可変出来ます。
     
聴覚刺激呈示装置において左右の信号レベルを1dB任意に可変する事が出来る業界唯一の装置です。
   
業界初のLR独立制御が行えるコントロールアンプです。 
   多くの研究用、その他の分野でも使う事が、出来ます。(特注品)
    主な特徴仕様
   ・LR独自制御
    ・LRLR独立周波数デジタル表示
    ・LR独立レベルLED表示器付き
    ・ステップ音圧レベル1dB(-80dB〜0dB)


    



   光マイクロホン対応システムコントロールアンプ
    システム構成のご希望により内蔵対応致します。
    主な特徴仕様
   ・光マイクロホン機能を内蔵(オプション対応可能)
   ・光マイクロホンON/OFFはワンタッチツマミで行う事が、出来ます。
   ・MRI側の被験者音声はモニタースピーカーで聞く事が、出来ます。
    ・光マイクロホン出力はヘッドホン更には録音も可能です。


          


    
  主な納入先(敬称略、順不動)
   東京大学、京都大学、東北大学、広島大学、大阪大学、名古屋大学、新潟大学、岩手医科大学、金沢医科大学、
    阪大千里(CiNet)脳研、東京医科歯科大学、北海道大学、東京工業大学、昭和大学(烏山)、福井大学、
    昭和大学病院(共同研究)、ATR研究所(開発協力)、理化学研究所(神戸)、理化学研究所(和光)、
         生理学研究所(岡崎)、情報通信機構(NICT)、国立神経・精神医療センター、国立障害者リハビリステーション、
    シーメンスジャパン、その他・メーカー、


  :お問い合わせ
     コバテル株式会社
     電話045-577-5067 FAX 045-577-5059

       mail : kobatel@oregano.ocn.ne.jp



(C)2011 KOBATEL Co.,Ltd. All rights reserved.