コバテル株式会社 会社情報 お問合せ 通販部
  HOME
  商品情報
   光マイクロホン
   光マイク応用開発
   MRI関連装置
   DC−BUS
   オーディオ関連
  技術情報
  IR情報
  コンサルティング
  DVR情報

中小企業創造法認定企業
2年連続 CETEC出展
先端技術研究開発助成認定
情報通信機構研究開発助成
日本音響学会 正会員
                                             
 

                光マイクロホンデバイス(Optical Microphone)

           コバテル株式会社はイスラエルOpto acoustics社と提携を行い技術開発、応用商品開発を進めています。

       世界的な光マイクロホンはソナー研究から生まれたイスラエルの技術です。・・・・・・・・世界各国特許取得
                光ファイバーマイクロフォン(世界で初めてイスラエルOptoacoustics社が開発、商品化) 
   
 ■光マイクロホンとは
  :1994年イスラエルIT研究所、Opto acoustics社により世界で初めて開発・商品化されました。
   :コバテル社は光マイクロホンの開発段階から協力を行い日本での応用商品開発及び販売を行っています。

  :光マイクロホンは音声を光変換し光ファイバーにより光データーを送信し音声変換モジュールによりアナログ
   音声信号に変換して出力されます。光変換された音声信号はLINEレベルで出力されます。
   光マイクロホンセンサー部は非金属、非磁性、非EMI、非電気、で構成され電磁気、電磁界、EMI、等の影響を
   受けなく又、他の電子機器への妨害を与えない特徴をもっています。

  :光マイクロホンはコンデンサーマイク、ダイナミックマイク、等のマイクと基本的原理が、全く違うために応用分野
   も従来のマイクロホンでは使えない分野に使われています。

  :現在の主な応用分野はMRIを使った脳神経研究機関、大学医学部、医学研究、心理学研究、分野から注目され
   特にMRIを使った脳神経イメージング研究、言語研究には欠かせないツールとして評価されて使用されています。

  :光マイクロホンのもつ非金属、非磁性、非電気、高感度、高音質、の特徴に注目され石油、ガス、電力、原子力、
   防爆分野で使われる音声通話装置又は音検知センサーとしての応用と実用化が、開始されました。


  :光マイクロホンの高感度に注目され監視・セキュリティー分野、音センサー、振動センサー、分野
   においても注目されています。

    
 
光マイクロホンの原理
 
   
             
        光マイク原理図            光マイクロホンデバイス          接触型光マイクロホン                      
 ■光マイクロホンの特徴
  :世界で唯一の光を使ったマイクロホンです。
  :完全非金属、非磁性、非電気、非EMI、の構成が多くの応用を拡大・・・従来マイクロホン設置困難な環境へも可能となります。
  :MRIでの使用で
撮像画像へのノイズ影響は全くありません。

  
微細な音を光が捉える光アクチェター方式により高音質高感度で音声・音楽を集音する事が、できます。
   :光を捉える振動板は
ナノテク技術を使ったシリコンを使い世界ではじめての半導体技術を応用
   :光マイクロホンはファイバーからの光アクチェターまで
電気を一切使用していないために防爆環境での使用に最適
  :騒音
最大140dBの大きな音に対しても対応する事が、出来ます。
  :光マイクロホンは金属類を使用していない為に強磁界環境においても音声を捉える事が出来ます。
  :光アクチェターは小型軽量(6mm)で数グラムです。
  :光マイクロホン音声光変換部(EOU)は光ファイバー接続されます。
ブースタ無しで500m以上可能です。

 ■光マイクロホンの種類
 SOM(Surveillance Optical Microphone)空間伝播音声検知光マイクロホン
  :高感度アクチュエーターによる光マイクロホンを実現。
   :呼吸音まで拾う事が出来る高感度光変調方式。
   :強度なMRI磁界環境下でも動作可能な光方式。 

   :防爆(ガス、石油)環境においても使用可能  

 
     光マイクロホン       SOM方式    光マイク光変換モジュール   ユニット構成
           


             :光マイクロホンデバイス・商品・型番(商品は改善のために変更されます
                   尚、詳しい仕様、応用開発等に関してはお問合せ下さい。
 Model No    Frequency    Sensitivity      SPL(max)  Self Noise Temperature     Note    
Optimic1140 30-8000Hz 100mv/pa±10% 1KHz 114dB ≦31dBA -20-60℃
Optimic 1150 10-15,000Hz 7.5mv/pa±10% 1KHz 140dB ≦55dBA -20-60℃
 Optimic 1160  10-14,000Hz 100mv/pa±10%1KHz  114dB ≦31dBA 20-60℃
Optimic 1170 30-8,000Hz 100mv/pa±10% 1KHz 114dB ≦31dBA 50-120℃
Optimic 1180 10-15,000Hz 100mv/pa±10% 1KHz 114dB ≦31dBA -20-60℃ Stereo mic
Optimic 1190 10-10,000Hz 100mv/pa±10% 1KH 114dB ≦21dBA(100m) -20-60℃ HigSNL
≦34dBA (1000m) -20-60℃ HigSNL
Optimic 1200 10-15,000Hz 100mv/pa±10% 1KHz 114dB ≦19dBA(10m) -50+120℃ HigSNL/Temp
≦21dBA(100m) -50+120℃ HigSNL/Temp
≦34dBA (1000m) -50+120℃ HigSNL/Temp
Optimic 2140 30- 8,000Hz 100mv/pa±10% 1KHz 114dB ≦31dBA 20-60℃ Ruggedi Fiber
Optimic 2150 10-15,000Hz 7.5mv/pa±10% 1KHz 140dB ≦55dBA -20-60℃ High SPL
             
Optimic 2160 10-14,000Hz 100mv/pa±10% 1KHz 114dB ≦31dBA -20-60℃ Ruggedi Fiber
Optimic 2170 30- 8000Hz 100mv/pa±10% 1KHz 114dB ≦31dBA -50-120℃ HigTemp
Optimic 2180 0,5-14,000Hz 100mv/pa±10% at 1Khz 114dB ≦31dBA -20-60℃ Ruggedi Fiber
Optimic 2190 10-10,000Hz 100mv/pa±10% 1KHz 114dB ≦19dBA(10m) -20+60℃ HigSNL
≦21dBA(100m) -20+60℃ HigSNL
≦34dBA (1000m) -20+60℃ HigSNL
             
Optimic 2200 10-14,000Hz 100mv/pa±10% 1KHz 114dB ≦19dBA -50-120℃ HigTemp
Optimic 4110 Resonance 5v/pa±10% at 1.65Khz 84dB ≦5dBA -20-60℃ Special Mic
Optimic 4120  30-7,000Hz 100mv/pa±10% at 1Khz 114dB ≦31dBA 20-60℃ Waterproof Fiber
Optimic 4130 10-200Hz 300mv/pa±10% at 1Khz ≦10mcg -20-60℃ Contact Mic
/10-5,000Hz 500mv/pa±10% at 1Khz /≦20mcg -20-60℃ Contact Mic
Optimic MEG
30-14,000Hz 100mv/pa±10% at 1Khz 114dB ≦31dBA -20-60℃ MEG
             
EOU-100 光/電気変換 Single channel EOU    Mono     
EOU-200  光/電気変換  Single channel EOU     Mono     
 EOU-200DSP 光/電気変換  Single channel EOU DSP    Mono     
 EOU-300 光/電気変換  Dual channel EOU    Stereo     
           
  FOMRI- MRI/noise reduct Fiber Optic mic Functional MRI    TTL Synchronized     
OptoACTIVE ANC Headphone  ANC (Active Noise Control)          


        型番 OPTI RHYTHM MIC
        光マイク振動モニター ・・・・・高磁界、MRI、ガス・オイル、RFI・EMI、環境での振動音 Monitor Sensor
      

       型番 OptMIC 1180
       光マイクステレオモニター・・・・・高磁界、ガス・オイル、EMI、環境での音声Monitor
       複数の音源を同時収録、EOUはステレオアンプ、モニター出力、ヘッドホンモニター可能、音量ボリューム付。
    
 
       型番 STEREO CONTACT MICROPHONE  
   
    SWAT/監視/建築物モニター
   

   型番 OPTIMIC 2180
              可聴域下の周波数をモニタリング・・・・Frequency Response 0.5〜14.000Hz
   
   maximum acoustic Pressure  114dB SPL
   

    型番 OPTIMIC 4120
               水深15m・・・・・・Frequency Response
 30〜7.000Hz
       
   maximum acoustic Pressure 114dB SPL
       



 ■国内の主な納入先(敬称略、順不動)(光マイクロホン・デバイス及びシステム装置納入)
  東京大学、京都大学、東北大学、広島大学、東京医科歯科大学、早稲田大学、日本大学、関西大学、北海道大学、名古屋大学、
   金沢医科大学、
長岡技術科学大学、高知工芸大学、筑波大学、明治大学、東京電機大学、芝浦工業大学、福井大学、新潟大学、
   三重大学、ATR(国際電気通信基礎研究所)
生理学研究所、理化学研究所日立研究所、大阪大学、CiNet、
   NICT情報通信機構、JAXA宇宙航空研究機構、JPO日本海洋石油開発
警視庁、東京税関、 関西電力、三井海洋開発、
     東大病院、京大病院、昭和大学病院、
   いすゞ自動車、富士フイルム、オリンパス、警視庁、今治造船、日本海環境サービス(北陸電力)、



 ■お問合せ・・・・・・
  コバテル株式会社 電話045-577-5067  FAX045-577-5059 e-mail kobatel@oregano.ocn.ne.jp